事業紹介

地域福祉活動の推進

福祉教育・啓発活動

社会福祉協力校

 社会福祉協議会では、感受性豊かな子どものころからボランティア学習や福祉体験を通して『思いやりの心』や『ともに生きる心』を育むことを目的に、市内の全小・中学校、高等学校、専門学校を社会福祉協力校に指定し、助成することで、学校による福祉教育の実践を推進しています

福祉実践教室

 社会福祉協力校を中心に、障がいをお持ちの方の講話や、手話や点字、要約筆記、盲人ガイド、車イスなどの体験、器具を装着した高齢者擬似体験などをする福祉実践教室を開催します。

ボランティア体験学習

 夏休み等の期間を利用して、手話や点字、要約筆記などのボランティア学習やデイサービスセンターでのボランティア実践などをするボランティア体験学習を開催します。

このページの資料をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

Get ADOBE READER