事業紹介

福祉サービスの利用支援

日常生活自立支援事業

「公共料金の支払いやお金の出し入れをしてほしい」
「通帳や印鑑をなくしてしまいそう」
「福祉サービスを利用するにあたっての手続きがわからなくて不安」
このようなことで、お困りではありませんか?日常生活自立支援事業では、日常生活に不安を抱えている認知症高齢者、知的障がい者、精神障がい者を対象としています。
主に自分ひとりで契約など判断することに不安がある、お金の出し入れ・書類の管理などするのに不安がある方へ専門員・生活支援員がお手伝いをさせていただきます。
ご相談いただきましたら、専門員が一度訪問させて頂きます。その後聞き取りなど行い、契約締結審査会の承認を得てからサービスを開始します。

このページの資料をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

Get ADOBE READER